アップルのように無配当で東証二部のような注目度の低い市場に、上場している銘柄というのは仕手株化しやすいものとなっています。
仕手株になりやすい銘柄というのは注目度が低く、時価総額の低い銘柄でありこのような銘柄の場合、ひっそりと玉集めをすることができ、玉集めが終わった時には大きく株価を吊り上げやすいためです。

配当のない株というのは保有していても、株価の値上がりがなければ利益がでませんから、成長企業でもなければ株価は伸びにくく長い間株価が低迷しているような企業というのは、所有をする理由というのがありませんから人気もなく株価は低迷したまま放置されることになります。
そのような銘柄を少しずつ買い集めて、十分に玉が買い集まった時に株を買い上げれば突如として大きく値上がりしたということで、市場の注目を浴びることになります。
時価総額の低い銘柄というのは、少し厚い買いを入れるだけで簡単に株価を上げることができるので、仕手筋にとって株価を吊り上げるという大変な作業を簡単に行いやすくなります。
注目を集めるようになれば、今度は市場の参加者が上昇をしているから買うという状態煮になり、今度は市場の参加者が株価を上げてくれることになりますから、仕手筋はその買いに対して集めた玉をぶつけ利益確定をすることになります。
そして、今度は株価上昇の妨げになる買いを入れた投資家を振り落とすために株価を急落させ、飛びついてきた投資家が我慢できずに投げたところを再度買いあがって株価を上下させ集めた玉を売りぬくことになるのです。
このような売り抜きをするには、無配当で人気もなく時価総額が低い銘柄というのは仕手筋にとっても格好の狙い目となるのです。